女性限定で20代から受けてほしいがん検診

多くのがん検診が40代を対象にしていますが、女性限定で20代から対象年齢になっているがん検診もあります。
それは子宮頸がんであり、女性ががんで死亡する原因として未だに高い水準を保っています。


子宮頸がんは性行為によるウィルスで感染することが判明しており、近年性行為の低年齢化が指摘されているように若い世代も罹患する病気になっています。
確かに怖い病気ですが、早期に発見することで予後も良いがんになりますので、他のがんと同じように検診を受けて早期に見つけることが重要です。


残念なことに20代から子宮頸がん検診を受けた方が良いということをあまり認知されていません。

がん検診に関する情報が幅広く集まります。

よって20代の受診率というのは、データによると2割になっており、低い受診率が問題になっています。



比較的他のがん検診よりもがんを発見できる確率が高いですので、効果的な検診になっていますが、受ける側の認知が低いことでその環境が満たされていない現状でもあります。
若い年代で罹患してしまうと、出産にも影響を与えます。

対象年齢として20代となっていることから、なんらかの企画を行い検診を受けやすい体制を作ることが望まれます。

女性としての生き方が叫ばれるようになっていますが、女性の体についてもっと考える機会を与える場というのも必要になってくるでしょう。



早く見つけることで治療できるというメリットを公的機関がしっかりと呼びかけて、多くの若い女性に認知される動きが求められています。