広がり始めている家族葬

subpage1

家族葬は、親戚やご近所とのつながりが希薄になってきている現代人にとって、コンパクトで合理的な新しい葬儀の形として広がりを見せています。

特に都市部で、その傾向が強いようです。

家族葬とは文字通り家族だけで行う葬儀のことですが、故人が親しくしていた友人や、お世話になった方などを招く場合もあります。
遺族と弔問客のお互いの負担を軽減するため、返礼品の必要な贈り物や香典を受け取らないケースも多くあります。コンパクトな葬儀とはいっても、儀式の内容は一般葬の場合と同じです。

遺族によっては通夜や告別式を省略することもあるようですが、一般的ではありません。



招かれて弔問する場合も、一般葬の場合と同じくきちんとした礼服を着用します。



家族葬はコンパクトで自由な葬儀というイメージを持たれることもありますが、仏式で行う場合は特に、お寺の支持通りに儀式を行わないと納骨を拒否されてしまうことがあるので、お寺とはよく相談してください。
故人が無宗教である場合や、お墓に入らずに自然葬や散骨を望んでいるような時には、家族で相談して自由な葬儀を行うこともできます。


家族葬が浸透してきているとはいえ、まだまだ地方の方や年配の方には馴染みの無い葬儀の形なので、家族だけで行うことをはっきりと周知して説得しておかないと、思わぬトラブルを招くことがあります。



そのようなリスクもあるものだと認識することが大切です。葬儀の形式や手順などは、葬儀会社に相談するとよいでしょう。