家族葬に関する基礎的な知識

subpage1

家族葬は、少ない人数で行う葬儀のことを指し、主に家族や親戚などの身内だけで行われる場合が多いと言えます。

具体的な人数としては、10〜30名程度で行われる場合が多く、知人や友人などを呼ぶ場合は比較的人数が多くなるというケースもあります。

いずれにしも、一般的な葬儀のように、会社関係者やご近所の方などを幅広く呼ぶスタイルと比べると、人数が少なく、こぢんまりしたものになるということが特徴だと言えるでしょう。



家族葬の費用は、人数が少ないことから、一般的な葬儀よりもプラン料金(葬儀社へ支払う葬儀本体の費用)が安くなりますし、また飲食接待費用も安く抑えることが可能です。
プラン料金に関しては、一般的な葬儀の場合だと100万円前後かかるのが相場ですが、家族葬であれば50万円前後に抑えることができます。
ただし人数が少ないと香典による収入も少なくなってしまうため、予算の検討を行う際は収入と支出の差し引きでいくらになるかといったことも考慮する必要があるでしょう。



家族葬のメリットには、費用が抑えられるということ以外にも、参列者が少ないため、忙しく立ち振る舞う必要がないということが挙げられます。



さらに、一般の葬儀と違って、比較的自由な形での葬儀を行うことが可能であるということもメリットだと言えるでしょう。

ただし注意しておきたい点としては、葬儀を行った後になって弔問客が自宅へ訪れる場合もあるということです。
なので、ある程度そのことを想定しておくことも必要になります。