家族葬を行うメリットについて解説

subpage1

家族葬には、他の葬儀には見られないメリットが多くあります。

その中でも特に大きなメリットは、本当に親しい人だけに送ってもらえるということです。



故人と弔問客の関係については、残された家族は窺い知れないことも少なくありません。

遺言を残す人の中には、親しくない人に最後の姿を見られたくないと希望する人もいます。
残された家族としても、そのような弔問客と故人を対面させるのは本望ではないでしょう。家族葬であれば、家族がそのような心配をする必要はないです。

また家族葬のメリットは、故人やその家族にだけあるのではありません。

日本では慣習的に故人が属していた組織の人を葬儀に招きます。
その中には故人とほとんど話したことがない人も少なくないでしょう。

故人とあまり親しくなかったのに、葬儀に招かれて迷惑する人もいる可能性があります。

招かれた人は、仕事を休んだり遠方から訪れたりする必要があるかもしれません。

迷惑に感じていても、義理が重んじられる日本ではほとんどの人が参列します。しかし、そのような心情のまま参列してもらうのは、双方にとって好ましいことではありません。


家族葬を選択すれば、そのような事態を避けられます。その他に費用面に関するメリットもあります。



一般的な葬儀と比べて安く済ませられるケースが多いです。


参列者の食事や香典返しなどを用意する必要がないからです。

同様に、準備にかかる手間が少ないこともメリットといえます。