家族葬で行う時の費用の注意点

subpage1

葬儀、葬式は故人を弔い、送り出す宗教的な行事です。



日本に限らず、世界中で行われています。


ただし、宗教の違い、行われる地方によりスタイルが異なっていたりはします。


近年の葬儀スタイルの中で増えてきているのが家族葬というスタイルです。

この葬儀スタイルは昔はありませんでしたが、2000年になり、費用を抑えるためのシンプルなプランに葬儀会社がネーミングした葬儀スタイルです。


このスタイルのポイントは葬儀に関する費用を抑えることができるのがポイントです。

一般葬ですと費用は200万円以上かかります。


また、お墓とは葬儀費用とは別ですので更に100万円ほどかかります。
家族葬の葬儀スタイルは、行う葬儀会社によりことなりますが、何々プランという名前で、一連の費用をどんぶり勘定にしています。


しかし注意しないといけないのがこの費用に何が含まれているかです。
祭壇、葬斎場、車等々の手配と人員、香典返し、通夜振る舞いなどのハード面だけであったりします。

お坊さんの手配、戒名などが含まれていなかったりします。
必要な部分がオプションとなっていたりして、オプションが後で必要となったりするケースもあります。



また、葬儀会社によっては、家族葬といってもスペースが大きいところしかないなどで結局一般葬と同じようなスタイルになってしまうなんてケースもあります。

葬儀の見積もりにあまり詳細チェックできないのが葬儀費用が高額になる理由のひとつです。


まずは、見積もりに何が含まれるかをしっかり確認することが大切です。



みんなの常識

subpage2

家族葬は、少ない人数で行う葬儀のことを指し、主に家族や親戚などの身内だけで行われる場合が多いと言えます。具体的な人数としては、10〜30名程度で行われる場合が多く、知人や友人などを呼ぶ場合は比較的人数が多くなるというケースもあります。...

more

サポート情報!

subpage3

家族葬には、他の葬儀には見られないメリットが多くあります。その中でも特に大きなメリットは、本当に親しい人だけに送ってもらえるということです。...

more

知っておきたい常識

subpage4

最近、メディアでも取り上げられる機会が多い、新しい葬儀のかたち「家族葬」。「家族葬」は、故人の家族や親族、知人など、数名から多くても20人程度の参列者だけで行われる、小規模な葬儀のことを指します。...

more

生活のコツ

subpage5

家族葬は、親戚やご近所とのつながりが希薄になってきている現代人にとって、コンパクトで合理的な新しい葬儀の形として広がりを見せています。特に都市部で、その傾向が強いようです。...

more